★まりもワールドぇようこソッッ★

★まりもワールドぇようこソッッ★  ぉ楽しみぉ見つヶられるヵなぁ??

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

o na ra ♪

          $☆まりもワールドぇようこそッ☆


       わーい、綺麗? ☆ 金田ちゃーん? 女装もイケてる^^


       オンナラブリーの「onaraはずかしくないよ」だって?

    
       さとぷ?=金田キャラ だって?
      

    

    おなら=成分・硫化水素

       
        おならの臭いを嗅ぐと、高血圧予防になるんだって?

      
        香水にも含まれているんだって? きゃぁ????(゜□゜)/


         
         

スポンサーサイト

バレンタインとは何ぞや?

$☆まりもワールドぇようこそッ☆

もうすぐ2月14日。バレンタインですね。ですが、実は私よくわかっていないので。
今日はちょっとだけ、その起源について調べてみました。


バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。

当時、ローマでは、2月14日は女神ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止したといわれている。キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされる。処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である

ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人や親しい人に贈ることがある日である。カードには、"From Your Valentine" と書いたり、"Be My Valentine." と書いたりもする。 

欧米では、日本に見られるような、ホワイトデー(バレンタインデーと対になるような日)の習慣はない。

贈り物の種類はさまざまであるが、チョコレートも贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまった。キャドバリー社の2代目社長リチャード・キャドバリーが1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売した。これに前後して、キャドバリーはハート型のバレンタインキャンディボックスも発売した。これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人などへの贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていった。なお、英語では固形チョコレートはキャンディの一種として扱われることもあるので、この製品のことを「キャンディボックス」と表記している文献もある。

女性が男性に、愛情の告白としてチョコレートを贈る習慣は日本独自のものである。欧米でも恋人やお世話になった人にチョコレートを贈ることはあるが、決してチョコレートに限定されているわけではなく、またバレンタインデーに限ったことでもない。女性から男性へ贈るのみで反対に男性から贈ることは珍しいという点と、贈る物の多くがチョコレートに限定されているという点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴である。最近ではチョコレートにこだわらず、クッキーやケーキなどを贈る人もいる。

「日本型バレンタインデー」の特徴を整理すると、以下の3点となる[2]。

贈答品にチョコレートが重視される点
女性から男性へ一方通行的贈答である点
(女性の)愛情表明の機会だと認識されている点
このほか、職場における贈答習慣が強い点[3]や、キリスト教との直接的関連はほとんど意識されていない点[4]も日本型バレンタインデーの特徴である。

現在では、日本のチョコレートの年間消費量の2割程度がこの日に消費されると言われるほど[11]の国民的行事となっているが、環境型セクハラにあたるとの指摘もあり、近年では衰退傾向にある。当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻、子供同士でも行われるようになり、憧れの男性・女性に贈るケースや、上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣が定着している。さらには、バレンタインデーにおけるチョコの売上低下に危機感を抱いた製菓会社のプッシュにより、女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」、男性が女性にチョコレートを贈る「逆チョコ」という行為も生みだそうと、様々なCMを行っている。しかし、09年では、大量の在庫が発生し、その目論見はもろくも崩れ去った。欧米では当然でも、日本では一般的でない「逆チョコ」は1960年と同じく森永製菓が近年大々的にキャンペーンを行っていることで知られている。

台湾や韓国のバレンタインデーは日本のようにチョコレート一色ということはないが、日本の影響で、よく贈られるものの一つにチョコレートは挙げられる。しかし、台湾では男性が送り手である場合が多い。台湾には、8月の旧暦7月7日にあたる日にも七夕という「中国のバレンタインデー」と似た行事が行われる。台湾、香港など中国語圏では「情人節」と訳される。

ホワイトデー
日本では、1か月後の3月14日をホワイトデーと呼び、この日に主に男性から女性へ返礼のプレゼントをする習慣が生まれている。代表的な贈り物は、チョコレートの価値などと釣り合ったクッキー・マシュマロ・飴である。ただし、バレンタインデーでのチョコレートほどには画一的ではなく、男性から見て意中の女性に対しては稀に、指輪やネックレスなどのアクセサリーが贈られることもある。ただし、意中の人でも、一般的には、クッキーやマシュマロなどを贈ることが多い。このことから、女性の側がホワイトデーでの高価な贈り物の返礼を期待して、多数の男性に安価なのチョコレートを配ることも多い(いわゆる海老で鯛を釣る)。[要出典]また、異性に対し、その意に反する行為を強要する行為にあたる可能性が高く、バレンタインデーは環境型セクハラにあたる可能性が高いとの指摘がある。特に、対価的な均衡が欠けるプレゼントの強要は、セクハラ行為にあたる可能性が高いため、警鐘がならされている。[15]
オレンジデー
近年では柑橘類生産農家などが4月14日をオレンジデーと呼び、恋人同士(男性女性とも)でオレンジを贈りあい、愛情の確認をすることを提案しているが、2010年現在では社会への浸透は皆無に近い。


台湾では、ホワイトデーでもやはり男性からプレゼントがある。

韓国では毎月14日に何かの日を設定したものが流行している(14日記念日)。

3月14日:ホワイトデー
4月14日:ブラックデー - バレンタインデー、ホワイトデーで恋人ができなかった人たちが黒い服を着て皆でチャジャンミョンを食べ、慰めあう。中華料理店はこの時期になると、大々的に宣伝をする。
5月14日:イエローデー、ローズデー - 恋人がいない人は、黄色い服を着てカレーライスを食べないと、生涯独身でになるとされる。恋人同士では、バラの花を贈る。
6月14日:キスデー - 恋人同士でキスをする。
7月14日:シルバーデー - 恋人同士で銀製品を贈る。
8月14日:グリーンデー - 恋人がいない人は、グリーンという焼酎を飲む。
9月14日:ミュージックデー、フォトデー - 恋人同士で写真を撮る。
10月14日:レッドデー、ワインデー - 恋人同士でワインを飲む。
11月14日:オレンジデー、ムービーデー - 恋人同士でオレンジジュースを飲む。映画を見る。
12月14日:ハグデー、マネーデー - 恋人同士で抱き合う。
1月14日:ダイアリーデー - 恋人同士で手帳を贈る。
$☆まりもワールドぇようこそッ☆

と、まぁこんな感じなんだって?  へぇ?。。。なんか深い? そして面白いwww

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。