★まりもワールドぇようこソッッ★

★まりもワールドぇようこソッッ★  ぉ楽しみぉ見つヶられるヵなぁ??

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。+。ワークショップ その2.+。

またまたワークショップのお知らせが届いた。

前回が前回だけにあまり期待はしていなかったが、GOOSEの指導ばかりしていても体がなまるといけないと思い、『じゃあ、今回は役者のつもりで参加してみようか』と思ったのが間違いだった。


このワークショップは、はじめから終わりまで、すべてアドリブ・即興でやらなければならないワークショップだったのだ。

『だから聞いてないってば!!』

それもそのはず、集まった人たちも当日に決まったらしいワークショップの内容にちょっと動揺;;

でもあちこちで長年役者やっている人たちばかり。


『やってやろうじゃないの!』

てなもんで、すぐに闘志メラメラな空気が伝わってくるのだった。

【こぇえええええっっっ!!!;;】
そして×2、その中に、細くて、はでな髪色のショートカット、大きな目の【原● 千●子】さんを発見。

こんなところにくるんだなぁ・・・。

彼女は、現在TPSという札幌の劇団に所属していて、

活動は、札幌、東京、海外公演と幅広い。

現在は、東京在住。

私がはじめて彼女をみたのは、高校生のとき・・。

今はもうなくなってしまったのだけど、当時小劇場としてはまだめずらしかった本多小劇場に演劇部の友人と度々足を運び、観劇していたときのこと。そのときに、如月小春のDOLLという芝居の【京子】という役を演じていたのが彼女。
(本多では、いまオフィスキュー、大活躍の鈴井さんもまだ大学生の頃、ここで芝居をやっていたのだ。何回かみたけどあんまり面白くなかったけどね)
そして秋の市民文化祭で私も彼女と同じ作品で
原●さんとおなじ、【京子】を演じることになっていたのだ。

これまで何度となく不良の役をやってきた私は、今回のDOLLも同じカンジでやろうと漠然と思っていたのだけれど、原●さんの【京子】をみてちょっと違って、なんだかとってもライトな、ちょいわる?

ってかんじのひょうひょうとした演技が印象的だったので、忘れずにいたのだろう。

 いま、目の前にその人がいるのがなんだか不思議で、そしてあの時とちっとも変わっていないのが凄いなぁっと思った。

彼女は今回のワークショップに、即興のお手本として招かれているようだった。

はじめは、自己紹介の即興。

タイトルカードを使用して、そのお題にそって1分以内に紹介。早口に、ききとりやすく。

次は2人ペアで身体表現の即興。

話し合いは禁止。

“パンッッ”
という合図で瞬時に何かを表現。

二人は必ず体のどこかがふれあっていること、そして、それが何を表現しているのか、あとづけで説明する。

一人の人間を自分の印象だけで説明し続ける。

そして最後は、ランダムに並べられたカードをもとに二人ペアになり、カードがなくなるまで、それをネタに二人で芝居を続ける。

二人の協力もさることながら、【バトル】だ。

私のペアは、原●さんになった。途中から参加者に混じってしまった彼女が、私の隣に来てしまったからだ!

それはないだろうーと思いつつ無情にもスタート!!!!

原●さんが私にいきなりふってくる。

あいづちをうちながら、目は次のカードを探す。
どうするどうする
次々とカードをひろいながら芝居を続ける。続けるうち、なんだかとっても、リズムをつけたくなってきた。ダンスをやっている悪い癖だ。

体が動き始める。

なんだか飛びたいな。よし、飛んぢゃえ!

すると、原●さんも、じりじりとまわりはじめた。
二人でじりじりしているうちに、原〇さんが、叫びながらでんぐり返ししはじめたので、じゃあ、と私は逆立ちをすることにした。

すると周りわりがなんだか笑いはじめた。

カードをはさんでこんなことをしているペアは私たちだけだった。
確か芝居をしていたはずだが。
だって、こうなっちゃったんだもーん。w

しまいに息は切れるし、大声だし、なんだかおかしくなって、二人で笑った。w周りも笑った。みんなで、笑った。

しばしのワークショップの休憩時間に、原●さんに住所を聞かれた。

私はついでに昔【京子】をやったことも話した。

アノころの原●さんをみていたことも。

ワークショップ終了後、彼女から、何回か芝居のお知らせが来た。
仕事もGOOSEもあり、暇もなくお金もなく、なかなか観劇に協力できなかった。。。
申し訳ないなぁ、と思いながらいると、今度は
年賀状が届くようになった。

年賀状には、原●さんの近況が書かれていた。

そこには今度、HTBのドラマに出演することになったと書かれていたすごいなぁ。

テレビとか私にはまったく別の世界の話なので、『応援しています』、『がんばってください』なんていうような感じのことくらい
しかかけなかったけれど、毎年、舞台写真入の年賀状が届けられる。がんばっているなぁ。。すごいなぁ。。。と、ただただ感激。

でも原●さん、いったい今いくつなんだろう。

やっぱりこれからもずっと役者やるんだろうなぁ。。。

やり続けてほしいなぁ。。。

そしてまた来年も、がんばってる年賀状がほしいな。

今は東京に住んじゃってるみたいだから、きっと
まだまだ躍進し続けるんだね。
『すごいねぇっっ!!!!』ほんと、頑張って欲しいよ。そして、一方の私は、といえば、なぜか次にお笑いのワークショップにいくはめになるのである。
ちゃん。

ワークショップその3に
続く。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marimori44.blog6.fc2.com/tb.php/14-07bd1427
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。