★まりもワールドぇようこソッッ★

★まりもワールドぇようこソッッ★  ぉ楽しみぉ見つヶられるヵなぁ??

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道を歩こう~33キロへの道~後半戦

16キロ地点~ラルマナイ川で結構な時間のんびりした私たちは、次なる目標

「恵庭峠」を目指して再出発!お腹も満たされたし、いけそうな気がする~♪

2013_0525_142245-IMG_2054.jpg

あちらに見えるは「恵庭岳」標高1319.7m。ああーいつか登りたい~

最近登山ご無沙汰なのでね。登りたい欲がふつふつと。

そんな恵庭岳の風景を眺めながら、アスファルトの道、ここからは「峠」というだけあって

上りの道が続く。最初は「はやく」「ふつう」の人もなんだかわからない状態で列をなしていたけれど

すっかりまばらになってしまう。 各参加者グループごとのペースでひたすら完歩めざして

歩く。歩く。ウォーキングなんて中年以上の年配者の行事、なんていうのは

もう古い。今やウォーキングは手軽に取り組めるスポーツなんですぞ。

若い人たちもたくさん参加しとります。格好もおされ。な人もたくさん。

小さい女の子とお母さんとか、親子で参加している人もいたよ。

まぁ、お母さん、娘を歩かせるためにあの手この手の巧みな話術で娘を喚起させていて

大変そうだったけれども(笑)

2013_0525_104219-IMG_2044.jpg

マラソン、ウォーキング、登山の3点セットは今ブームなのかもしれないけどね。

などと色々考えているうちに、おや・・・身体に異変・・・・

2013_0525_155339-IMG_2059.jpg

続く上りのせいなのか、続くアスファルト道のせいなのか。体重のせいなのか。

練習不足のせいなのか。そのすべてが要因なのはわかっちゃいるけど

20キロを過ぎたあたりから膝痛が出現。

痛み止めお昼用にもう1錠持参すれば良かった・・・

すると、美和ちゃんも股関節に痛みが出現したらしくなんだか2人して歩くペースが

落ちてきたぞ。やはり練習距離以上超えたところで出てきてしまったなー。

体って正直なものだねー。

22キロ恵庭峠~休憩場まで、ペースは時間5キロ~くらいだったろうか?

それともすでに4キロくらいにダウンしていたのだろうか。

なんとか14時15分の数分前に到着!あぶなかったー。

2013_0525_141224-IMG_2053.jpg

美和ちゃんも「ボルタレン」を飲み始める。いやぁ、つらいわ。

痛み出すともうそのあとはひたすら我慢と戦いながらだもの。

楽しい~ワクワク~から一転、苦しいー、痛いー、早くー、まだなのー・・・ですゎね。

顔つきもどこか仮面様願望。互いの会話もググッと減り、無口・・・・

このあたりから、道路脇を走る救護車にフラフラ~っと駆け寄りたくなる衝動を抑えながら

次の関門、27キロオコタン分岐点に向かうべくひたすら重い足を前へ押し出す時間が続く。

こちらには15:45分までに通過しないと参加者収容バスに強制乗車させられ、

完歩の夢絶たれるという事態になるわけで。

ご主人に何度も「リタイアするならあれに・・・」と救護車を軽くすすめられていたけれど

それはさすがに完歩目指している一緒参加の友人との友情を壊せない手前、頑張るしかないよねー(笑)

頑張れ美和!私だって膝超痛いしー、足だってすでに棒になってるんだぜー。

「足が棒」という言葉の意味をこの時に初めて体感。なるほど、と思った。

膝がね、曲がらないの。

暗黙の了解のまま、27キロ地点を目指す私たち。

かなり地味だけど、ここでスポ根ドラマが展開されていたわけだ。

こうでなくちゃ。うふ。展開に酔う45歳。青春だな。

ここで、全く展開に関係ないけど、今回のこの歩いた33キロの距離は

100キロウォークの距離認定の対象になるそうで、認定されるとのこと。

なんだか嬉しいので、頑張る。

2013_0525_155259-IMG_2058.jpg

ここは、標高828.9mのイチャンコッペ山の登山口だそう。

結構目立たないところにあるけれど以前から行ってみたかった山。

登山口が確認できたところで、なんだか満足しつつ自身を奮い立たせながら歩く。

前を行く人が突然足がつってリタイヤするのを、一応看護婦なんだけども

つらっと横目で見ながらも通過、歩く歩く。

自分のことで精一杯。情けないけどしょうがない。

あまりにも痛くて記憶があまりないんだけども、27キロオコタン分岐点通過!

もう時間覚えてないけど、収容はされずに済んだ!!

ここまでくればあと5キロ!時間を気にせずにゴールまで行けばいいわけ。

元気がで出てきた。ほら、湖も見えてきた!

2013_0525_155124-IMG_2057_20140607085016b57.jpg
30キロの看板!あと3キロ!

はじめは楽しかった距離の看板も「あとどんだけぇ~」に変わる苦しい看板。

これを見たときにはホッとしたよ。

2013_0525_154325-IMG_2055.jpg

32キロ、丸駒分岐点。もうすぐ!あーーーー温泉入りターイ。

2013_0525_160407-IMG_2061.jpg

時速なんてもう知らない。無心で歩く。長くて重い棒を2本抱えてひたすら前を見て歩く。

ゴールはもうすぐだ。(なんかの小説みたいだ・・・)

2013_0525_161639-IMG_2063.jpg

突然広がる支笏湖の風景。感動的なゴールの風景。

なんだかいいね。歩けたよ。

2013_0525_161810-IMG_2064.jpg

痛む美和ちゃんを労わりながら声かけながらゴールする仲睦まじい姿。

これを撮りたかった!(という私はなにもの?)

2013_0525_161840-IMG_2065.jpg

やったね!33キロ!ゴーっるーーー!

2013_0525_161922-IMG_2066.jpg

地味なドラマ展開ではあったけれど、この完歩は達成感があったよ。

誰にもわかりづらかっただろうけど。たぶん。

みんなでお疲れちゃん!!頑張ったーーー!

痛くて苦しくて、でも楽しかったよ!!



(おまけ)

完歩後、人生初の当たりもの、私のゼッケン番号が貼られている!

わ!なんだろう!とウキウキしながら行ってみると・・・

2013_0525_221727-IMG_2068_20140607085211d4a.jpg

「おめでとうございます!スタジオAnneの無料撮影券です!」

と嬉々として渡されましたが。岩見沢にAnneないし。

娘たちの成人式はまだまだ先だしなー・・・。

まさか私がドレス着て1枚映すわけにもいかんだろしー。

などと頭の中であれこれ知恵を絞り出していたのだけれども

使い道はなさそうということで。

人生初の当選モノは嬉しかったのだけれども、ちょいと喜び半減。

結局その券は、今日遊びに来た柚ちーにプレゼント。

小さい子が使うのが1番値がありそうだよね。



完歩記録は結構アバウトに用意されたものではあったけれども

8時間ギリギリのタイム。

8時間近くも歩いちゃったんだねー。

エラい。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。